「天鳳」は新人から何連勝すれば「天鳳位」になれるのか?

2015年12月28日 / 天鳳

週刊少年マガジンで「無敵の人」という麻雀漫画の連載が始まった。
その第1話で、主人公は1位と2位だけを取って320戦でオンライン麻雀の頂点に登りつめた、という話があった。

このオンライン麻雀の元ネタは(おそらく)Win/Mac/iPhone/iPad/Androidで遊べる本格対戦麻雀であり最大同時接続人数、対戦者レベル、いずれも最高水準のオンライン麻雀「天鳳」である。

さて、漫画の中では頂点まで320戦かかっているけれど、「天鳳」の頂点である「天鳳位」は仮に全て1位を取った場合、いったい何戦でなれるのか。(何連勝でなれるのか)
少し気になったので計算してみました。
これってトリビアになりませんか?

「天鳳位」まで何連勝?

結論を書いてしまうと、東南戦で153連勝すると新人から「天鳳位」になれる。

load_to_tenhoi_img_01_1

60日以上課金してあると一般卓を飛ばして上級卓で打てるらしいので、それで計算した。
そうして、計算してみると思ったより少ない打数で「天鳳位」になれることが分かり、驚いた。

「無敵の人」の320戦も最初の印象では「少なっ」と思っていたが、その印象は改める必要がありそうだ。
もし「天鳳」に「無敵の人」が現れたら、320戦くらいで「天鳳位」になれる可能性はある。
もしかしたら作者・甲斐谷先生も同じような計算をしたのかもしれない。

1ヶ月後には「天鳳位」

現在、僕の「天鳳」段位は六段である。
最近は1ヶ月で平均80戦ほど「天鳳」を打っているから運が良ければ1ヶ月後には「天鳳位」になっているかもしれない。
新人からスタートしても2ヶ月!これはすごい!

そう考えるとラスを沢山ひいて、がっつり減ったポイントもささいな事として流せる気がする。気がする!

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL